広島竹和会

広島竹和会について

HOME > 広島竹和会について

広島竹和会について

広島竹和会とは竹中工務店の厳しい基準をクリアした
高いレベルのサービスを提供する企業集団です。
お客様の想いを形にするのが我々の仕事です

建物は総合建設会社(ゼネコン)一社だけで建てることはできません。 総合建設会社の監督の下、多業種に渡る専門工事会社が実働部隊として建設現場で働いており、 人々を魅了する建物を作るためには両者の信頼関係が必要です。

広島竹和会は、竹中工務店(総合建設会社)の厳しい基準をクリアした専門工事会社が集う 最高レベルの施工技術者集団であり、お互いに手を添えて更なる研鑽に励みながら、 常に最良の作品を世に遺し、社会に貢献することを目指しています。

沿革

1930年(昭和5年) 広島竹陵会発足
1941年(昭和16年) 全国統一組織「全国竹和会」設立
1945年(昭和20年) 岡山竹和会結成
1952年(昭和27年) 全国連合竹和会結成
広島竹和会発足
四国竹和会発足
初代会長 青盛 繁男
1954年(昭和29年) 2代目会長 長崎 亀寿
1957年(昭和32年) 竹和会 14竹和会体制へ
1961年(昭和36年) 広島竹和会、四国竹和会と会員名簿の結合
1965年(昭和40年) 3代目会長 榧木 生衛
1968年(昭和43年) 4代目会長 寒川 隆一
1972年(昭和47年) 竹和会本部、地区竹和会 7地区に改組
1984年(昭和59年) 四国竹和会、大阪竹和会へ合流
1988年(昭和63年) 5代目会長 松永 武
2009年(平成21年) 6代目会長 庄田 数之

 

組織

組織

会長ご挨拶はこちら

PAGE TOP