広島竹和会

広島竹和会について

HOME > 広島竹和会について > 会長ご挨拶

会長ご挨拶

現場に『解』を求める。

広島竹和会は会則の主旨を踏まえ、会員の資質向上と体質の強化を図ることで竹中工務店との共存共栄の実をあげ、真のパートナーとなることを目指しています。

現場の構成を知り抜く事で、発想の転換や変化に対処する柔軟な思考を醸成し、対話を深める事で会員同士を繋ぎ、更に竹中工務店と繋がれば組織が変わります。現場における竹和会のあるべき姿を模索するために、常に現場に『解』を求め、仕事を感性で、マネジメントはデータを基本に実施しなければなりません。

建築工事の王道を歩むためには、ベテランと若者が協働して技術・技能の伝承と、作品に込める『思い』の継承を柱とした不断の精進が必要です。
竹和会会員は、生活の三大要素である、居・食・住の住を担う『モノづくり』の現場で若いあなたの挑戦を待っています。

会長

広島竹和会理念

平和都市広島の発展のために

広島竹和会は、竹中工務店の協力の下、加盟企業間の相互連携に努め、 競争・協業を通じた加盟企業各社の資質向上と企業体質強化を以って、 中国地区の建設業界発展に寄与します。

平和都市広島の発展のために、竹中工務店とともに日々精進し邁進してまいります。

PAGE TOP